髪ケアシャンプーとドライヤー

髪の毛のパサつきを自宅で抑える為には、専門のシャンプーが必要になりますが、シャンプー以外にも大切な事はあります。それはドライヤーのかけ方です。髪ケアをするためにはドライヤーは必要不可欠であり、髪の毛や頭皮に対しても適切なドライヤーの使い方は間違いなくいいものです。しかし、せっかく髪ケアが出来るシャンプーを自宅で使っていてもドライヤーの使用方法を間違っていたり、ドライヤーを使用していないとその効果は半減してしまったり、場合によってはマイナスになってしまいます。

ドライヤーを使用しなければ、頭皮には雑菌がたまりやすくなってしまい、髪の毛は枕などの摩擦でダメージを受けてしまいます。それではせっかくの髪の毛のパサつきを抑えるシャンプーを使っていても全く意味はありません。ドライヤーを使用していても必要以上に乾かし過ぎてしまうと、オーバードライという状態に髪の毛がなってしまい、毛先などダメージを受けている部分の水分が失われてしまいこれもダメージに繋がっていきます。

ドライヤーを使わなければ髪ケアの出来るシャンプーを使っても意味はありませんし、ドライヤーの使い方を誤ってしまうとそれもダメージの原因になります。使っていない人は出来るだけ使うように心懸け、髪の毛の乾かすコツがあまりわかっていない人は、行きつけの美容院や床屋のスタッフなどに乾かし方のポイントを教えてもらった方がいいかと思います。